アクセスカウンタ
@tomoko.takahashi.925 篝火の湯 緑水亭 (公式スポット)

Facebookページも宣伝 Instagram English Version
QRコード
QRCODE
インフォメーション
過去記事

2019年03月15日

東北の不死鳥!フェニックス塾 修了式


東北観光推進機構が運営するフェニックス塾
東北の観光の仕組みづくりにかかわる人材育成と
東北の魅力を世界に伝える、東北観光振興の担い手を
育成する塾。

この塾の3期生の修了式が先日、緑水亭にて行われました。




この3期生に緑水亭からフロントの青木主任が入塾しておりました。

緑水亭においてもおもてなしのスペシャリストとして
また、東北の観光のスペシャリストとしても成長してもらいたいという思いから
3期生にと入塾いたしました。





青木主任ははグループ代表で、課題解決を発表。
しっかりとグループを引っ張って、頑張っておりました!

様々な職種の中から若手が集い、東北観光をあらためて知り
「自分たちに出来ることは何か」
「東北の魅力は?」
「人脈を広げ、自分を成長させる」


私が彼を推薦した理由は、私自身が1期生として
入塾した経験から

緑水亭にももっとこの経験をしてもらいたい人材がいると思ったからです。


<1期生・2期生のフェニックス塾の若女将のブログ>

1期生に私。


2期生には個人企画課高橋課長。


そして、3期生に青木主任。


と、3期連続継続的に入塾してまいりました。
約1年をかけ、東北6県+新潟も含めた東北観光を
実際に現地に出向き勉強会を重ねてまいります。

時にはセミナーを受け、観光のプロから学ぶ場を。
時には東北の観光地を体験し、食べ、見て学ぶ。


仲間とともに築き上げるネットワークと、東北観光の魅力発掘は
それは刺激ある時間だったかと思います。

3期生は38名卒業いたしました。
1期生から3期生までで合計icon12111icon12名の
フェニックス塾生

東北観光を多くの皆様にお伝えしてまいります!

フェニックス塾での経験と人脈をぜひ生かして
青木主任にも緑水亭で羽ばたいてもらいたいと思いますちからこぶ親指親指親指






女将・若女将ブログランキングに参加しております。
ぜひクリックしてくださいね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ
にほんブログ村

  


Posted by 緑水亭 若女将 at 14:15若女将のブログ若女将の子育て若女将の観光

2018年03月18日

東北インバウンドを考える

先日、盛岡まで行ってまいりました。
東北観光推進機構 
フェニックス塾 第二期生修了式

保護者として参列してまいりましたface02




というのも、実は第1期生として私も勉強してきた塾であります。
2期生に社内から女性社員を投入!!

東北のインバウンドを支える人材を
育てます
東北の観光をプロデュースできる人材を
育てます
観光のスペシャリストを
育てます


という内容の塾でございます。
私も昨年1年間は大変勉強になりました。
旅館のお仕事だけでなく視野を広げることもできました。

2期生募集にあたり、今後活躍してほしいという高橋さんに
入塾してもらいましたチョキ

修了式の前段では、1年間の集大成の発表もあり
グループごとの発表内容は大変素晴らしいものでありました。





高橋さん、とても生き生きと発表していましたよ親指!
社内では個人企画課係長として、お客様への情報発信はもとより
顧客管理等も担う、若手女子の代表でもありますちからこぶちからこぶちからこぶ

普段のお仕事ではなかなか、異業種の皆様との交流が難しいですが
このフェニックス塾で多くのことを学べたと、彼女は言っておりました。




「ここからがスタートです」

という、高橋さんの言葉が印象的でした。
東北のインバウンドはこれから。
秋保温泉にとってもこれからが勝負であります。

世界リゾートAKIU
を掲げてから早6年。
将来、秋保が世界から「AKIU」と呼んでもらうために!!

社内でも人材育成に努めてまいりますちからこぶ



女将・若女将ブログランキングに参加しております。
ぜひクリックしてくださいね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ
にほんブログ村
  


Posted by 緑水亭 若女将 at 11:39若女将のブログ若女将の子育て若女将の観光

2017年03月27日

季節外れの雪です。

皆様、こんにちは。
季節外れの雪icon04ですね。

こんなに寒くなるとまたが遠ざかった気がいたします。
皆様のお住まいではいかがでしょうか。

来週は入社式を控えているというのに、雪景色が見れるなんて変な感じがいたします。
17名の新入社員を迎えますが、きっとワクワク、希望と見えない不安でドキドキの毎日かと思いますface03
でも、私たちもしっかり準備をし皆様をお待ちしております!!
入社式でお会いできること楽しみにしております。

入社後はたくさんの勉強する場面があるかと思います。

人生日々勉強

私は常にこう思います。
昨日の稀勢の里にも感動いたしました拍手拍手
常に向上心を持ち、常に勉強、常に稽古。

私も新入社員の皆様に負けないよう勉強です!!

先日、東北観光推進機構主催のフェニックス塾第一期が無事に終了いたしました。
私は第一期生として自ら志願し、1年間勉強してまいりました。



第一期生として入塾するには大変勇気がいりましたが、
東北観光におけるインバウンドの今後の在り方を、自分たちで方向性をしっかり持ち
そして、観光を作り上げる強い意識を持つことができました。

そのためには垣根を超えた信頼できる人脈と、
日本観光を思う熱い気持ちだと確信いたしました。


第一期生の1年間の発表と終了式の模様が、河北新報にも掲載されました。




1年間無我夢中でしたが、勉強することで新しい発見がたくさんありました。
知らないことを知り、人脈も広がり、充実した1年間となりました。

新入社員の皆さんにもぜひ、この勉強する楽しさを社会に出ても学んでほしいと思います!!




女将・若女将ブログランキングに参加しております。
ぜひクリックしてくださいね。
 ↓↓↓
 
にほんブログ村
  


Posted by 緑水亭 若女将 at 15:00若女将のブログ若女将の観光

2017年02月21日

フェニックス塾 in 仙北市角館

皆様こんにちは。
雪が舞い散る秋保温泉でございます。
今朝はうっすら積もる景色がとっても綺麗でしたよ。

雪景色
温泉

外国人が好む日本の景色ですね。
訪日外国人観光客が東北へ求める観光の魅力とは?

ということで、先日私が秋田・角館まで行ってきました
フェニックス塾
の模様が
秋田のTVニュースで放送されました。




昨年の夏から開講されました
フェニックス塾。
第一期生に私も入塾させていただいております。
東北観光における外国人観光客の誘客について、若手の観光に携わるメンバーで
結成された塾生が毎月頭を合わせながら勉強してまいりました。

3月にはこの成果を発表し、第一期生修了式を迎えます。
たくさんのことを学びました。

今後、東北観光が廃れることなく、
輝くためには
インバウンドの受け入れは必須であります。

目先のことだけではなく、長い目で見た東北観光の作り上げに
目を見開くよいチャンスをもらいました!!



女将・若女将ブログランキングに参加しております。
ぜひクリックしてくださいね!!
 ↓↓↓
  
にほんブログ村
  


Posted by 緑水亭 若女将 at 12:27若女将のブログ若女将の観光

2017年01月13日

フェニックス塾@鶴岡

皆様おはようございます!

北日本の大雪がまだつづいております。
仙台も明日1月14日、明後日15日と猛烈寒波がくるようで、大雪対策しております。

皆様どうぞお気をつけください。
お車タイヤはスタッドレス必須です。
ノーマルタイヤは大変危険です。
チェーンなど装備は万全にお願いいたします。

さて、私は今日1日勉強会で山形県鶴岡へむかっております。




ひさしぶりの高速バスです。
この大雪で、夜に、無事に帰れるか心配ですが。。。

東北観光推進機構主催のフェニックス塾です。
行ってまいります!!
  

Posted by 緑水亭 若女将 at 09:16若女将の観光

2016年11月20日

観光人育成

先日新潟まで行ってまいりました。
とある勉強会です。

東北観光推進機構が開講しておりますフェニックス塾です。

~東北推進機構フェニックス塾概要より~
東北観光推進機構(会長:清野 智 東日本旅客鉄道株式会社 取締役会長)は、
少子高齢化・人口減少が他地域に先駆けて進行する東北地域が観光の力により活力を取り戻し、
外国人観光客誘致の分野で大きく実績を上げるために、
「オール東北」という観点でそれぞれの地域における観光振興策を
企画・立案する構想力とそれらを実践する行動力を持った観光人材を育成することを目的に、
6月29日(水)より「フェニックス塾」を開講いたします。
「フェニックス塾」の取組みは、1年カリキュラムの3カ年計画で実施し、
100名の塾生を地域観光プロデューサーとして東北観光のスペシャリストに育成することを目指します。
「観光の力で東北を元気にしたい」「外国人観光客を呼び込み、
地域を活性化したい」「観光分野の知識を身に付けたい」等々、意欲のある方々が塾生対象となります。


一部年齢制限もあり、6月にこの塾にわたしも入塾いたしました。


 



東北6県+新潟を「東北奥の院」と名付け、東北のゴールデンルートを作り
多くのお客様、インバウンドを呼び込むためにはどうしたらよいか。
地域、街づくりはどうするのか。
観光従事者だけではなく、行政、金融など多くの若者が塾生となっております。

第四回目は新潟・村上市にてGoogle様からお招きしデジタルマーケティングツーリズム
についてお話をいただきました。




ありきたりな資料データに基づくお話と違い、一瞬たりともメモが止まらなかったお話でした。
本当に勉強になりました。

その後のワークショップでもそれぞれのチームで考える東北観光で白熱いたしました。

東北の魅力をどう伝えるか。
自分たちが何をしなければならないか。
世界が見る東北は?

3月まで続くこの塾。
修了式まで有意義に勉強したいと思います。


ランキングに参加しております。ぜひクリックしてくださいね。

にほんブログ村




  


Posted by 緑水亭 若女将 at 14:11若女将のブログ若女将の観光