アクセスカウンタ
@tomoko.takahashi.925 篝火の湯 緑水亭 (公式スポット)

Facebookページも宣伝 Instagram English Version
QRコード
QRCODE
インフォメーション
過去記事

2013年03月16日

人づくり

おもてなしという言葉を毎日毎日、自問自答しておりますとあっという間に時間が経っていくものです。
接客業には欠かせない人材。
人材育成とは?と日々ぶちあたっております。

先日、JTB旅ホ連 宿泊増売連絡会議がございました。
その中で高野登氏の講演会がありまして、その後パネルディスカッションが開かれました。



当館社長もパネルディスカッションに出まして、お話させていただきました。


これから取り組む人材育成について、数名のホテル、旅館関係者が登壇いたしました。
社長が登壇するということで汗当館スタッフも応援隊でかけつけましたちからこぶ
また、高野氏のお話を聴けるというビッグな機会をスタッフにも作ってあげられまして本当に良い時間となりました。

ホテル界、また企業人なら知らない人はいない高野登氏。

プロフィール

1953年、長野県生まれ。
プリンスホテルスクール(現日本ホテルスクール)第一期卒業。

1974年渡米。NYホテルキタノ、NYスタットラーヒルトン、NYプラザホテル、LAボナベンチャーホテル、SFフェアモントホテルなどでの勤務を経て1990年にザ・リッツ・カールトン・サンフランシスコの開業に携わる。1992年に日本支社開設のため一時帰国。1993年にはホノルルオフィスを開設。翌94年、日本支社長として転勤。現在に至る。
リッツ・カールトンの日本における営業・マーケティング活動を行いながら、ザ・リッツ・カールトン大阪の開業準備に参画。
2007年3月のザ・リッツ・カールトン東京の開業後は、さらにポジショニングを強化すべく、積極的にブランディング活動に取り組む。

著書:
「リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間」
(かんき出版)
監修:
「人と接するときに大切にしたい サービスを超える瞬間 実例・実践編」
(かんき出版)

私も数冊読破いたしました。数々の著書はホテル旅館業界ではバイブルとなっておりますブックブックブック



リッツカールトンの日本支社立ち上げに携わったご経験から、様々な「人づくり」の魅力を語ってくださいました。
経営者には頭の痛いお話もありました。
我々も生き残りをかけた戦いなのです親指
とても考えさせられる時間でございました。

「人をつくりあげる」というエネルギーは相当なものです。
毎日、当館でも課題として重責しております。
年齢関係なく、人対人の業種であるホテル旅館業界。
これからも永遠の課題として向き合っていきたいと思いますちからこぶちからこぶちからこぶ





  

Posted by 緑水亭 若女将 at 14:53若女将のブログ